So-net無料ブログ作成
検索選択

「ほっぺたの内側」や「舌」を噛んでしまうのはなぜ? [オススメ情報]

Sponsored Link


食事中に思わず
「痛!」
と、舌を噛んだり、ほっぺたの内側を噛んだりした事ないですか?
虫歯.jpg
楽しい食事が、一気にテンション下がってしまいます…。

しかし、一体なぜ、こんな事が起きるんでしょうか?


特に、ほっぺたの内側を噛んでしまうと、腫れてしまい、
続けて噛んでしまう事も…。

自分で自分を傷つけて、何やってるんだ!
っと、思ってしまいます。
ほっぺた.jpg
人間、基本的に自分を傷つける事はしないんですが…。


■ほっぺたの内側を噛んでしまう理由
実は、ほっぺたの内側などを噛んでしまうのは、ただの不注意という訳ではないようです。
大きく4つの理由があるそうです。

まず1つ目は
ストレスや疲れ】
だそうです。
ストレス.jpg

どうですか?
食事する時に、舌の動きを意識した事ってありますか?
そうなんです、意識しないでも舌を上手に使って、食べ物を口の中で動かしているんですよ。

ですが、ストレスや疲れが溜まっていたりすると、自律神経のバランスが崩れてしまいます。
それは、口の中の動きにも連動してきて、チョットしたズレが生まれるんです。

そうなると、ほっぺたの内側や舌を思わず噛んでしまうという事に!

ほっぺたの内側や舌を噛んだりしたという事は、知らず知らずのうちに
ストレスや疲れが溜まっている証拠。
そんな日は、早く寝て十分な休息を!


2つ目は
体重の急激な増加】
です!

ドキッとした人、いませんか?
急激に太ってしまうと、ほっぺたの内側にもお肉が…。

いやいや、そうではないようです。
(多少あるかもしれませんが)
これも、ストレスや疲れが原因です。

急激に太ってしまう時って、ストレスを感じている事が多いようです。
気分転換や、ゆっくりと休養して下さい。


3つ目は
【噛み合わせが悪い・虫歯がある】
という事です。

頻繁にほっぺたの内側を噛んでしまうのは、もしかしたら噛み合わせが悪いのかも?
また、虫歯があると、歯が痛くて変な噛み方をしているのでは?

気になる人は、すぐに歯医者さんへ行きましょう!
歯医者.jpg

最後は
老化現象】
です。

どうしても“老化”には勝てません…。
歯科医さんに「ほっぺたの内側」や「舌」を噛んだ!と、来院する患者さんは
50歳代以降が圧倒的に多いそうです。

何でも、若い頃と同じようには行かないようです。
若い頃は問題ない事でも、年とともに……

これもまた、変なクセがつく前に歯医者さんへ行って、相談する事をお勧めします。


どうですか?
心当たりはないですか?

今日の晩ご飯あたりに、もしかしたら噛んでしまうかもしれませんよ!
もし、噛んでしまったら…


とりあえず、今日は早く寝ましょう!!

Sponsored Link


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。