So-net無料ブログ作成

突然『雹(ひょう)』が降ってきたときはどうすれば良いの?対処方法! [オススメ情報]

Sponsored Link


暖かくなってきたかと思ったら、急な大雨!
近年、こういったゲリラ豪雨のような天気が増えてきましてね。

入道雲.jpg
今日(5月9日)も、落雷や突風、そして『雹(ひょう)』が観測されたりと
またまた大変な天気になってしまいました…。

雨なら濡れるだけですが、『雹(ひょう)』となると、
氷の固まりが降ってくる訳ですから、油断していると大変な事になりそうですね。

そんな『雹(ひょう)』が突然降ってきたときの対処方法を調べてみました。

空からはいろんな物が降ってきますね。
「雨」「雪」「霰(あられ)」そして『雹(ひょう)』。
最近では「PM2.5」なんてのもありますが…

空から降ってくる氷には「霰(あられ)」と「雹(ひょう)』がありますね。
調べて知ったのですが、この二つの違いは何と“大きさ”だそうです。

大きさが“5mm未満”のものが「霰(あられ)」、
それ以上の物を「雹(ひょう)」と言うそうです。

5mm以上って、結構大きいですよね!
そんな物が空から降ってきたら、そりゃ大変ですね!

傘なんてすぐに突き破ってきてそうです。
雹(ひょう)が降ってきたら、なるべく建物の中に避難したいですね。


しかし、“突然”と言っても、本当に前兆も無く降ってくるのではなく、
雹(ひょう)が降ってくる前には、注意すべき兆候があるようです。

■こんな時は『雹(ひょう)』に注意!
・巨大な積乱雲(入道雲)の発生が見える。
・突然、空が暗くなる。
・雷の音が聞こえたり、「ピカッ」と光が見えたりする。
・「ヒヤッ」とする冷たい風が吹いてくる。
・大粒の雨が降り出す。

このような兆候の時は、危険です!
雷、大雨、そして最悪『雹(ひょう)』が降り出す事があります。
早めに気がつく事ができれば、なるべく建物の中へ避難したいですね。


■『雹(ひょう)』は、建物の中でも危険?
そうなんです!
実は建物の中でも、『雹(ひょう)』が降ってきた場合は、危険な場所があるんです。

それは…



窓ガラスの近くです。

大きな固まりの雹(ひょう)の場合は、窓のガラスを割ったりする事があるそうです。
そのため、割れたガラスで怪我をするという事も!

建物の中でも、雹(ひょう)が降っている場合は、窓ガラスからは離れた方が良さそうです。
また、カーテンを閉めておくと、割れたガラスが飛び散りにくいのでおすすめです。


5月や10月など、春や秋は雹(ひょう)が降る事が多いようです。
兆候を見逃さないようにして、気を付けたいですね。

Sponsored Link


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。