So-net無料ブログ作成

花粉症は治る?!『シダトレン』という新薬!花粉症のメカニズムとは? [オススメ情報]

Sponsored Link

毎年悩まされる『花粉症』

しかも、一度花粉症になってしまうと治らない…と言われています。

花粉症.gif

しかし、2014年の秋に“花粉症が治る可能性を持つ”という新薬が登場しました!

その新薬の効果とは?





2月にもなれば飛び始まる『花粉』

今や日本人の3人に1人は花粉症に悩まされています。

しかも、一度発症してしまうとほぼ治る事は無いと言われている『花粉症』

マスクをしたり、鼻水や目のカユミを一時的に抑える薬というのが今までの治療方法でした。

しかし、2014年の秋に、今までとは全く違う発想の治療薬が登場しました!

この新薬により、花粉症を完全に治す可能性も?!



◆話題の新薬『シダトレン』


花粉症患者にとっては、まさに朗報!

この「シダトレン」で治療に取り組めば、花粉症を完全に治す事もできるのだとか!


しかし、いったいどんな治療薬なんでしょうか?

『花粉症』というのは、アレルギー反応の一つです。

アレルギー症状は、原因物質(アレルゲン)が体内に入ってくると抗体と結合してしまいます。

アレルギー.jpg

そして、様々なアレルギーを起こしてしまうのです。

今までの花粉症の薬は、その原因物質が抗体を結合する前に

先に結合してブロックしてしまおうというやり方でした。

抗ヒスタミン.jpg

しかし、この新薬「シダトレン」は、全く違う発想で花粉症を治してくれるのです。

この「シダトレン」は、原因物質(アレルゲン)をブロックするのではなく“逆”です。

毎日少量ずつ、アレルゲンを投与し続けて、体を慣らすというものです。

つまり、いままで10粒の花粉で症状が出ていたのを

100粒まで耐えられるように、体を変えていくという治療法です。

花粉から“守る”のではなく、体を“慣らす”!

今までに無い新しい発想ですが、コレが効く!

根治(根本から完全に治る事)も可能に!



◆夢の新薬!メリット・デメリット


花粉症の人には夢の新薬ですが、やはりメリットもあればデメリットもあります。

まず、原因物質(アレルゲン)を体に入れて慣れさせるという薬なので、

花粉症シーズンよりも前に始める必要があります。

なぜ?って、飛んでる花粉にプラスして体に入れたら

症状がさらに重くなっちゃうからです…。

また、治療期間が長い!

3〜5年はかかると言われています。(長〜い!!)

しかも、20%程度の人には効果が薄かったりと、

多少の改善くらいにしかならないのだとか…。

…5年も続けて大した効果が無かったらツライ…

しかし、この長い治療をやり抜けば、根治(根本から完全に治る事)も期待できます!

今の所、花粉症に対して“治る”と言えるのはこの『シダトレン』だけだそうです。


毎年・毎年…花粉症に悩まされている人は、トライしてみる価値はありそうです!

ただ、既に花粉のシーズンは始まってしまっているので

始めるのは次のシーズン前、今年の12月くらいから始めるのが良さそうです。



Sponsored Link


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。