So-net無料ブログ作成

まるで果物!甘くて美味しい『雪下にんじん』はなぜ甘い? [オススメ情報]

Sponsored Link

『雪下にんじん』というのを知っていますか?
雪下にんじん.jpg

ただのにんじんではないんです。
なんと、普通のにんじんよりも何倍も甘く美味しいのだとか!

「まるで果物のよう!」
とまで言われる、この『雪下にんじん』について調べてみました。


ところで、普通の“にんじん”は好きですか?

子供のキライな野菜の上位に入っていると聞きました。
ダントツにトップなのは“ピーマン”だそうですが…。

そんな“にんじん”ですが、キライな理由は
にんじん特有の青臭さだったり土臭さだったり…。

しかし、そんな“にんじん”の特有の「アク」が取れたらどうでしょう?

そんな『まるで果物』のような“にんじん”があるというのです!


「生で良し!」「煮て良し!」と絶賛される“にんじん”、
それが『雪下にんじん』というものです。

この“にんじん”見た目は普通ですが、食べてみるとビックリ!
とても甘いのです!

さらに、にんじん特有の青臭さがほとんど無く、みずみずしさは果物のようだそうです。

この『雪下にんじん』どのように作られているのでしょうか?

この“にんじん”ですが、特別な品種という訳ではないようです。
通常、秋に収穫するにんじんをそのまま、名前の通り“雪の下”に一冬寝かせておくのです。
そして、春に収穫するのです。

そうするだけで、甘味が増して、独特の青臭さが無くなり、しかもみずみずしい!
そんな果物のような“にんじん”になるのです。

“雪の下”と言う事ですから、もちろん寒い地域、雪が多い地域、
東北や北海道で栽培されているという事です。

■雪の下で寝かせた“にんじん”はなぜ美味しいのか?
冷蔵庫に入れっぱなしだと、腐るかひからびるか…。
しかし、なぜ“雪の下”だと、美味しくのなるのでしょうか?

それは「雪室」と呼ばれる現象だからだそうです。

「豪雪地域」と聞くと、とても寒くて野菜も凍ってしまい、美味しく無くなってしまいそうですが
実は、“雪の下”は、温度がほぼ0℃で一定に保たれているそうです。

凍る事無く、腐る事も無い!
さらに、雪に囲まれている為に湿度も95〜100%に保たれており、
野菜の鮮度が落ちない理由にもなります。

そして、こうやって冷やされた“にんじん”がストレスを感じると
防御反応として「アミノ酸」が増えるそうです。
この「アミノ酸」が増えると、人は甘く感じるのだそうです。


そんな、甘くて美味しい“雪下にんじん”ですが、
やはり通常よりも手間ひまがかかっているので、通常の物よりも高いようです…。

そして、やはり一旦雪から取り出すと、鮮度が落ちるのが早いので、
本当に美味しい物を食べるなら産地に行くしか無いみたいです。


ぜひ一度、生をボリボリかじってみたい物ですね!

Sponsored Link


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。