So-net無料ブログ作成

最新の防犯テクニック!犯人の心理から考える身を守る方法とは? [オススメ情報]

Sponsored Link

暖かくなってくると増えるのが、空き巣などの犯罪!

日本は平和だ♪
なんて言っていますが、何かと物騒になってきています。
セキュリティー.jpg
「まさか自分の身に…」
なんて、のんきに考えていると、
いつ犯罪や事件に巻き込まれるかわかりません。

“自分の身は自分で守る”方法を身につけておかなければなりませんね。


しかし、どうすればいいのか?
具体的には?

という疑問もわいてきます。

という事で、簡単ですが防犯のテクニックを調べてみたので紹介します。

■ひったくりから身を守る方法
最近多くなってきている犯罪が『ひったくり』
なんと約40%も増加しているそうなんです。
ひったくり.JPG

夏にかけて、こういった犯罪が増えてきます。
そんな危険から身を守る方法とは?

まずは“ひったくり”被害で最も多いのが、自転車の前かごです。
自転車の前カゴに、無防備にバッグを入れている人は多いと思います。
そんなバッグを犯人達は狙っているのです!

自転車のカゴからの“ひったくり”を防ぐ方法として、最も有効な手段は
前かごカバーをする事です。
“ひったくり”件数ワーストワンの大阪で、自転車の前かごカバーを付けただけで、
なんと“ひったくり”率が約72%も減少したそうです。

カバーなんてかっこ悪い…
なんて思っている人!
最近はオシャレな物も色々出ているようですから、チェックしてみてもいいかもしれませんよ。

カバーが無くても、荷物の上に雑誌を載せたりしているだけでも効果があるという事です。


また自転車じゃない場合、荷物は建物側に持つ方が良いそうです。
なぜなら、ひったくりの犯人は自転車やバイクで逃走する事が多いからです。

また、大きい通りから小さい通りに入る時にも注意が必要です。
犯人は人通りの多い道に紛れていて、小さい通りに入った時を狙っているのです!


■空き巣から身を守る方法
空き巣.jpg
マンションで、空き巣被害が多いのは何階だと思いますか?
1階や2階と思った人!

…ハズレです。
入りやすい1階や2階のような感じがしますが…


実は3階が最も被害が多いそうです。

なぜなら、1階や2階に住んでいる人は、少なからず警戒心が高いそうです。
普通の人が入られやすそうと思うくらいですから、空き巣に入る側も
「警戒されていそう」
と思うのではないでしょうか?

しかし、3階以上になると、とたんに警戒心がゆるくなってしまいます。
確かに、普通の人なら
「3階以上なら窓から入ってくる事はほとんど無いだろう」
なんて変な安心感を持っているのでは?

これから暑くなってくると、「窓を開けっ放し」
という人も多くなってきます。

しかし、マンションの空き巣被害で最も多いのは、カギをかけていない窓からの進入だそうです。

しかも、なれている空き巣なら、何の装備も無しに軍手で壁面のパイプをつたって
簡単に上階に行けるそうです。

なので、オートロックのマンションでも、安心しては行けませんよ!
女性の一人暮らしで、夜に窓を開けっ放しで寝ていて、襲われる事も…

あなたはマンションの何階に住んでいますか?
上階だからと行って、安心しきっていませんか?


■個人情報が危ない?
手軽に写真が撮れるデジカメ。
便利で、手軽で、最近の物だと小さくても高画質!

しかし、デジカメ写真からでも色々な情報がわかってしまうそうですよ!

『GPS』って聞いた事ありますよね。
カーナビなどについている、位置情報を教えてくれるアレです。

最近のカメラにはそのGPSが付いている物も多く、
撮影した場所や時間なども一緒に記録されています。


■人のウソを表情で見破る?
詐欺にあった!
変な物を買わされた!

そう、犯人もどこかで“ウソ”を言っているのです。
その“ウソ”を見破る事ができれば、被害に遭わなくて済むのですが。

相手はプロですから、簡単に見破れる“ウソ”はつかないでしょうが、
人は“ウソ”をつくときに、知らず知らずのうちに特有の変化が表情に表れるそうです。
・質問に答える時に、口を硬く閉じる
・“ウソ”をつくときに、眉がピクッと動く
・普段よりも笑顔で話す
などがあるそうです。



知っているのと、知らないのでは大きな差があります。
正しい知識を身につけて、しっかりと自分の身を守りましょう!

Sponsored Link


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。